京都府
京都市
京都市教育委員会
京都商工会議所
​KBS京都
​京都新聞
​朝日新聞社
​毎日新聞社
​読売新聞京都総局
日刊工業新聞社
日報ビジネス(株)
後援

(公財)京都地域創造基金
(公財)京都高度技術研究所
(公財)信頼資本財団
(一財)地域公共人材開発機構
(一社)ソーシャルビジネス・ネットワーク
(一社)KYOTOGRAPHIE
 など

協賛
​お問い合わせ
​地球未来シンポジウム実行委員会
日本未来学会持続可能経済協会・アミタグループ
主催
​地球未来シンポジウム お問い合わせ窓口
TEL:075-277-0796
FAX:075-255-4527
MAIL:earth_future@amita-net.co.jp

© 2017  地球未来シンポジウム実行委員会

本イベントは、京都市主催の「京都議定書誕生20周年記念 地球環境京都会議2017(KYOTO+20)」と、同日同会館で同時開催する予定です。京都議定書から20年の節目に、議定書誕生の地である国立京都国際会館にて、新たな時代の価値と希望を京都市と共に探求します。


京都市イベントについて: http://www.city.kyoto.lg.jp/kankyo/page/0000223006.html

京都議定書締結から20周年を記念して、2017年12月10日に国立京都国際会館にて開催された、「地球未来シンポジウム2017 〜希望の探求〜」のアーカイブ動画です。

オープニングトーク 遥かなる地球の未来を描けるか?
過去に生きたすべての人々が望んできた、愛する人や子どもたちの「幸せ」。人はなぜ、幸せを求めながら、その手に余る社会課題を生み出してしまったのでしょうか?その答えの中にこそ、これからの希望があります。歴史の声を聴き、地球の未来を形作るのは我々自身です。
登壇者:アミタホールディングス(株) 代表取締役会長 熊野 英介
セッション1 文明が転換する大きな音が聞こえるか?
今、我らの文明は大きな転換期を迎えています。千年スケールで、テクノロジーと文明、価値観の変遷、東アジア文化圏における日本のアイデンティティ等を振返りながら、新たな文明の価値基準を浮き彫りにしていきます。
登壇者:日本未来学会 会長 公文 俊平
    立命館大学 教授 東島 誠 氏
    一般社団法人未来医療研究機構 代表理事 長谷川 敏彦 氏
    日本未来学会 事務局長 和田 雄志(モデレーター)
セッション2 テクノロジーは真の幸福をもたらすか?
IoTやAIなどの技術革新は、私たちにどんな未来をもたらすのでしょうか?物質やエネルギーを無駄なく使う循環インフラの構築、人間の社会的動機性に基づく経済システムをデザインするテクノロジーの可能性等を、時代の最先端を行く研究者・事業家を迎えて議論します。
登壇者:能楽師 安田 登 氏
    合同会社SARR 代表執行社員 松田 一敬 氏
    東北大学 大学院国際文化研究科 准教授 佐藤 正弘 氏
    アミタホールディングス(株) 代表取締役会長 熊野 英介(モデレーター)
スペシャルメッセージ 京都から新たな時代の哲学・文明を
登壇者:京都市長 門川 大作 氏
セッション3 未来開拓者が震わす時代の鼓動を感じるか?
京都は、古来から続く日本の価値観と、近代の価値観を融合し、新たな価値を紡ぎ出す街。日本人の智慧と矜持は、課題先進国日本の課題を払拭し、新しい希望を獲得できるのでしょうか?京都の地で未来を創る「未来開拓者」4名が登壇します。
登壇者:一般財団法人地域公共人材開発機構 代表理事 新川 達郎 氏
    京都市ソーシャルイノベーション研究所 所長 大室 悦賀 氏
    公益財団法人信頼資本財団 理事 岡村 充泰 氏
    公益財団法人京都地域創造基金 理事長 深尾 昌峰 氏(モデレーター)
セッション4 事業家は未来を形にできるのか?
シュンペーターは「資本主義はその成功のために衰退する」と予言し、民主主義は社会の高齢化によって時代を停滞させました。では誰が時代のねじを回し、次なる扉を開けるのか?社会ニーズを市場化する企業有志連合による、希望ある未来構想にご期待ください。
登壇者:鈴廣かまぼこ(株) 代表取締役副社長 鈴木 悌介 氏
ファイナルトーク 希望は、我らの心にある。
古今東西、沈没する船からの脱出は、子ども、女性、老人の順と決まっています。人は弱く、だからこそ、より弱者を守らなければ自らも守れないことを本能的に知っています。孤独に、不安におびえる日々はもう終わりにしましょう。我々こそが、未来なのですから。
登壇者:合同会社番TSUGAI 取締役 宍戸 慈 氏
    アミタホールディングス(株) 代表取締役会長 熊野 英介